白酒(しろざけ) 仲春

【子季語】
白酒売、山川酒
【関連季語】
雛祭
【解説】
雛祭りの祝い酒である。味醂に蒸米、麹などを混ぜ、ひと月ほど熟成させ、それを挽いたものが材料となる。白く濁り、甘味が強い。
【来歴】
『華実年浪草』(天命3年、1783年)に所出。

*

白酒や玉の杯一つづつ
鬼城 「定本鬼城句集」

白酒の酔のほのめく薄まぶた?
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。