畑打(はたうち) 三春

【子季語】
畑打つ、畑鋤く、畑返す
【関連季語】
耕、田打
【解説】
春、種撒きや植え付けの準備のため、鍬などで畑の土を掘り返すこと。耕す、鋤く、より
も、固い土を起こす、という感じがある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

動くとも見えで畑打つ男かな
去来 「其袋」

はた打や我やども見えてくれ遅し
蕪村 「蕪村遺稿」

畑打や耳疎き身の只ひとり
蕪村 「落日庵句集」

畑打や我家も見えて暮かぬる
蕪村 「新五子稿」

畑うつやうごかぬ雲もなくなりぬ
蕪村 「蕪村句集」

はた打よこちの在所の鐘が鳴
蕪村 「蕪村句集」

畑打や木間の寺の鐘供養
蕪村 「蕪村句集」

畑うちや法三章の札のもと
蕪村 「蕪村句集」

畠うつや鳥さへ啼ぬ山かげに
蕪村 「蕪村句集」

谷底に田打てる見えて一人なり
臼田亜浪 「白道」

畑打つて酔へるがごとき疲れかな
竹下しづの女 「はやて」

山畑は月にも打つや真間の里
内藤鳴雪  「鳴雪句集」

コメントは受け付けていません。