大暑

大暑/たいしょ
晩夏
大暑の日
二十四節気のひとつ。陽暦の七月二十三日頃にあたる。学校も夏休みに入り、暑さも本番となる。

兎も片耳垂るる大暑かな
芥川龍之介「澄江堂句集」

水晶の念珠つめたき大暑かな
日野草城「青芝」

朝よりの大暑の箸をそろへおく
長谷川素逝「素逝句集」

鶏鳴のちりりと遠き大暑かな
飯田龍太 「山の影」

コメントは受け付けていません。