春の霜

はるのしも
三春
春霜

春になって降りる霜のこと。立春を過ぎても、北国はまだまだ寒さが厳しく、霜が降りるのも珍しいことではない。

あけぼのや麦の葉末の春の霜
鬼貫「大悟物狂」

藪かげのいつまでぐさや春の霜
月丘「松のそなた」

つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ
前田普羅「春寒浅間山」

コメントは受け付けていません。