夕霧忌

ゆうぎりき/ゆふぎりき
晩冬

遊妓、夕霧太夫の忌日で一月七日。夕霧は京都・嵯峨の生まれで本名・照。容色、技芸ともに優れ、京都、後に大阪で絶大な人気を誇った。一六七八年、二十六歳で没したが、近松門左衛門が浄瑠璃「夕霧阿波の鳴渡」に取り上げ、歌舞伎で今日も演じられる。

炭の香のはげしかりけり夕霧忌
日野草城「青芝」

コメントは受け付けていません。