杏子

anzuあんず

仲夏

杏/からもも

春に紅の花が咲き、六、七月頃、梅より少し大きい黄赤の実をつける。甘酸っぱく、生で食べられるほか、ジャムや缶詰にも加工される。古く薬用として中国から渡来したとされ、「杏仁」は種を干したもので漢方薬。「杏林」は医師のこと。

医者どのと酒屋の間の杏かな
召波「春泥発句集」

花の痩はどこへやら往て杏かな
嘯山「葎亭句集」

杏子や供笥をこぼるる敷きがはら
暁台「暁台句集」

コメントは受け付けていません。