あわせ/あはせ

初夏

綿抜/初袷/古袷/素袷/袷衣/絹衣

袷衣のことで、すなわち表地と裏地を合わせた着物。素肌に直接身につけるものは「素袷」という。冬に着る「綿入」から綿を抜いて着る夏物を「綿抜」という。

あわせ出せ花さへ芥子の一重なる
来山「千鳥掛」

二日三日身の添ひかぬる袷かな
千代女「千代尼句集」

行く女袷着なすや憎きまで
太祇「太祇句選」

那須七騎弓矢に遊ぶ袷かな
蕪村「新五子稿」

寝て見れば畳のかたき袷かな
闌更「半化坊発句集」

袷着て見合す貌や子三人
嘯山「葎亭句集」

春日野の鹿にかゞるゝ袷かな
一茶「一茶句集」

たち咄するうち寒しはつ袷
梅室「梅室家集」

芝居町行き逢ふ人も袷かな
渡辺水巴「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。