麦藁

むぎわら

初夏

麦稈

刈り取った麦を乾燥させ、脱穀して穂を落とした後の茎のこと。丈夫な小麦の麦藁はかつて屋根葺きに用いられ、柔らかい大麦の麦藁は籠に編んだり、飲み物のストローに用いられた。今は主に帽子や畑に敷くのに用いられている。

むぎわらハ麦掃庭のははきかな
鬼貫「七車」

麦からにひよこの遊ふあふひかな
支考「六華集」

麦藁もそこらちらばふ庵かな
路通「西の雲」

麦わらに破れたる笛の声もかな
暁台「幣ふくろ」

コメントは受け付けていません。