菖蒲の枕

あやめのまくら

仲夏

端午の夜、菖蒲を枕の下に敷いて寝ること。そうすることで邪気がはらわれると信じられていた。

コメントは受け付けていません。