菖蒲の鬘

あやめのかずら/あやめのかづら

仲夏

あやめのかざし/あやめかづく

邪気をはらうとされる菖蒲を髪に添えること。内裏では端午の節会に、天皇が菖蒲鬘を冠にかけて出御し、群臣もまたそれぞれ菖蒲蔓をつけて参列した。

コメントは受け付けていません。