雷鳴の陣

かみなりのじん/かみなりのぢん

晩夏

雷鳴の壺/雷の壺

雷鳴の折の古い儀式。雷が三度なると近衛の大将以下朝廷の武官が弓矢を携えて集まり、天皇を守護した。

コメントは受け付けていません。