忌火の御飯

いんびのごはん

晩夏

忌日の御飯

陰暦六月一日に行われる古い宮廷行事。穢れをはらった清浄な火で御飯を炊き、天皇がそれを召し上がるという儀式。

コメントは受け付けていません。