解斎の御粥

げさいのおんかゆ

晩夏

解斎粥

忌火の御飯を食する「神今食(じんごんじき)」の翌朝に、天皇が召し上がるお粥のこと。赤い土器に若布の汁物を添え、三口だけを食して解斎とした。

コメントは受け付けていません。