嘉定喰

かじょうぐい/かぢやうぐひ

晩夏

嘉祥喰/かつう/かつうの祝/嘉定銭/嘉定菓子/嘉定頂戴/嘉定縫/袖止

仁明天皇が嘉祥元年(八四八年)、疫病の除けの祈願として、神前に菓子や餅を十六個供え、元号を嘉祥に改めたことに始まる行事。宮中の儀式が江戸時代になると民間にも広まり、この日に、餅や菓子を十六個供え、それを食して疫病除けとした。また、銭十六文で好きなものを買って食えば疫病にかからぬとも信じられていた。近年、全国和菓子協会では、六月十六日(太陽暦、仲夏)を「和菓子の日」としている。

月こよひ食したまふや嘉定食
貞徳「山の井」

物安きむかしゆかしや嘉祥餅
素丸「素丸発句集」

子のぶんを母いただくや嘉定喰
一茶「文政八年句帖」

コメントは受け付けていません。