都草

みやこぐさ

初夏

黄金花/黄蓮華/烏帽子花/淀殿草/きつねのゑんどう/都花

マメ科多年草。もともと京都に多く見られたためこの名がついた。今は日本各地に自生する。茎は根元から分かれて地を這う。五月ころ蝶形の黄色い花をつける。

コメントは受け付けていません。