竹の皮脱ぐ

takenokawa
たけかわぬぐ/たけかはぬぐ

三夏

竹の皮脱ぐ/竹の皮散る/竹の皮

筍は大きくなるに従い鱗片状の皮を根元から落とし若竹となる。昔はこの皮を用いて草履や笠を編んだり、防腐を防ぐために物を包んだりした。

脱ぎ捨ててひとふし見せよ竹の皮
蕪村「常磐の香」

竹の皮朝々人に落ちるなり
近嶺「何袋」

コメントは受け付けていません。