水中花

suityuukaすいちゅうか/すいちゆうくわ
三夏
酒中花

昔のものは木を薄く削ったものや紙などで作られており、水に浮かべると花のように開き、彩色した花や魚などが現れた。今は下部に錘をつけグラスの中でまっすぐに開くようにしてある。江戸時代は杯などに開かせたので、酒中花ともいう。

月さすや沈みてありし水中花
前田普羅「普羅句集」

コメントは受け付けていません。