筑摩祭

つくままつり

初夏

鍋祭/鍋被り/筑摩鍋/鍋乙女/鍋釜

五月三日に滋賀県米原市の筑摩神社で行われる歴史ある奇祭で、伊勢物語にも和歌が記載されている。以前は娘たちが関係した男の数だけ鍋釜をかぶり神前に参った。現在では八歳になる氏子の子女が狩衣に紙の鍋をかむり、神輿の行列に加わる。

鍋ずみやはげをかくせし筑摩姫
言水「東日記」

君が代や筑摩祭も鍋一つ
越人「猿蓑」

小わらはも冠りたがるやつくま鍋
一茶「八番日記」

コメントは受け付けていません。