栃の花

totinohanaとちのはな
初夏
橡の花/とちの木の花
【解説】
橡はトチノキ科の落葉高木。初夏の頃、黄白色の細かい花を円錐状につける。花序の高さは十五センチから二十五センチくらいになる。
【科学的見解】
栃の標準和名は、トチノキであり、北海道西南部から九州の山地渓流沿いにに分布している。トチノキの花は、大きく目立つため、多くの昆虫の蜜源にもなっている。近縁の種としては、セイヨウトチノキが存在し、別名:マロニエとも呼ばれている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。