玉巻く芭蕉

たままくばしょう/たままくばせう

初夏

芭蕉の巻葉/玉解く芭蕉/芭蕉若葉/青芭蕉/夏芭蕉

芭蕉の新しい葉で、巻かれた状態にあるものをいう。この葉がほぐれると長さ二メートルにもなる広葉となる。巻葉の解ける五月頃の芭蕉が一年を通じて最も美しい。

耳目肺腸ここに玉巻くはせを庵
蕪村「蕪村句集」

唐寺の玉巻芭蕉肥りけり
芥川龍之介「澄江堂句集」

コメントは受け付けていません。