夏葱

natunegiなつねぎ
三夏
【解説】
秋に種を蒔いて夏に収穫する葱のこと。白い部分が少なく青い葉の部分食べるので葉葱ともいう。酢味噌和えにしたり、冷麦や冷奴などの薬味にしたりする。夏料理の名脇役でもある。

夏葱に鶏裂くや山の宿
正岡子規「子規句集」

コメントは受け付けていません。