舟遊

ふなあそび

三夏

船遊山/遊船/遊び船/遊山船

納涼のため舟を出すこと。涼風に吹かれながら景色を眺めたり、酒肴を持ち込んで舟の宴を楽しんだりした。

三日月のそばへゆくなり船遊
椎江「ひなた路」

蘆を打つ潮のまにまに舟遊び
大須賀乙字「続春夏秋冬」

貸舟や築地へもどす潮の闇
上川井梨葉「梨葉句集」

コメントは受け付けていません。