夜神楽

よかぐら

三冬

神楽宿/祝者(ほしや)

九州の日向神楽や高千穂神楽を指していうことが多い。里神楽の一種である。五穀豊穣を祈って「ほしゃ」と呼ばれる人が、夕方から翌朝まで演じる。

夜神楽や鼻息白し面の内
其角「猿蓑」

夜神楽は果てるか下駄の氷る音
許六「旅館日記」

夜神楽や戸の開くかたに冬の梅
野坡「百曲」

夜かぐらやおし拭ひたる笛の霜
蝶夢「草根発句集」

夜神楽や霰のおとも聞ゆなる
几董「晋明集四稿」

夜神楽や焚火の中へちる紅葉
一茶「七番目記」

コメントは受け付けていません。