榎茸

えのきだけ
初冬
【解説】
キシメジ科。霜が降りるころ榎の切株や枯れ木に発生する冬の茸である。色は茶褐色。茎は黒っぽい。栽培種とは色も形状もかなり異なる。歯ざわりのよい茸である。
【科学的見解】
榎茸(エノキタケ)は、落葉広葉樹の倒木や切り株を分解して生活するキシメジ科の腐生菌類である。昔から食用として活用されており、優秀な食用菌類であるため、近年では人工栽培が行われている。一般的な人工栽培のものは、暗室栽培であるため、もやしとなり、自然界で見られる本来の姿とは大きく異なる。(藤吉正明記)

朽木となおぼしめされそ榎茸
嵐雪「玄峰集」

コメントは受け付けていません。