有明月

ありあけづき

仲秋

有明/明けの月/朝の月/有明月夜/朝月夜/残る月/残月/朝月

明け方になっても空に残っている月。古くは朝立ちの旅人が有明の月の影を踏んで出立したというような風情を詠われた。

有明のつきし松島ものがたり
宗因「宗因発句集」

有明の月になりけり母の影
其角「華摘」

あり明けて見れば大きな榎かな
樗堂「萍窓集」

有明や晦日に近き軒行燈
一茶「文政十年句帖」

コメントは受け付けていません。