azami
あざみ
晩春
薊の花/眉はき/眉つくり/野薊/浜牛蒡/浜薊

【解説】
キク科アザミ属の多年草。葉は大形で深い切れ込みがあり、刺が多い。頭状花で紅紫。春の終わりごろから夏にかけて咲く。
【科学的見解】
薊は、野山に複数種存在するが、晩春頃に開花する薊といえばノアザミが挙げられる。ノアザミは、本州から九州に分布し、日当たりの良い草地に生えている。水田付近の畦や雑木林林縁などでよく見かける。花の色は、紅紫色であるが、稀に白花も見られる。(藤吉正明記)

石原やくねりしまゝの花あざみ
白雄「白雄句集」

妻が持つ薊の刺を手に感ず
日野草城「人生の午後」

コメントは受け付けていません。