枳穀の実

きこくのみ

晩秋

からたちの実/枸橘

からたちの実のこと。春に咲いた白い花は秋になると芳香のある小さな果実となる。黄熟するが食べられない。未熟のうちに乾かし健胃剤とする。

平城のうしろたのめるきこくかな
太祇「題林集」

枳穀の実冷たき雨の降る日かな
刺風「丙寅句鈔」

コメントは受け付けていません。