竹伐る

たけきる
仲秋

竹は春、筍にその精力を奪われてみすぼらしくなるが、秋になると幹もしっかりして、中の虫も死に絶え伐るには恰好の季となる。

藪中にふはりと竹の伐られけり
永田青嵐「永田青嵐句集」

一日や竹伐る響竹山に
松本たかし「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。