秋の雲

あきのくも
三秋
秋雲

澄み切った蒼穹に浮かんでは消えてゆく秋の雲。鱗雲や巻積雲など秋の白い雲はくっきりと印象的である。

吉野気の離れて白し秋の雲
鬼貫「はな野の枕」

松杉も拝めと晴るる秋の雲
去来「蝶すがた」

二色の絵具に足るや秋の雲
召波「春泥句集」

たちのびし高根の杉や秋の雲
蘭更「三傑集」

あら海や浪をはなれて秋の雲
暁台「暮雨巷句集」

夕暮れや鬼の出さうな秋の雲
一茶「七番日記」

橋見えて暮れかゝる也秋の雲
一茶「旅日記」
秋の雲ちぎれちぎれてなくなりぬ
内藤鳴雪「新俳句」
秋の雲尾上の芒見ゆる也
泉鏡花「俳諧新潮」

コメントは受け付けていません。