さびたの花

sabitaさびたのはな
晩夏
のりうつぎの花/のりのきの花/花さびた

ユキノシタ科アジサイ属の落葉潅木。山地に自生し、七月から八月にかけて額の花に似た白い花をつける。皮にある粘液で糊を作り、それを和紙の原料の楮に混ぜて使ったため糊空木の和名がある。

コメントは受け付けていません。