六月

rokugatu
ろくがつ/ろくぐわつ
仲夏
六月来る

六月と言えば、ほぼ梅雨の時期に当たる。じめじめしていやな季節である一方、稲作には貴重な水をもたらしてくれる。山々は緑におおわれ、夜は蛍が飛び、紫陽花や菖蒲などが花開く月でもある。

六月や峰に雲置くあらし山
芭蕉「句兄弟」

六月の汗ぬぐひ居る台かな
越人「波留濃日」

六月を奇麗な風の吹くことよ
正岡子規「季語別子規俳句集」

六月の海見ゆるなり寺の庭
正岡子規「季語別子規俳句集」

河口や六月の雲涌上がる
篠原温亭「温亭句集」

六月の女すわれる荒筵
石田波郷「雨覆」

六月の日に晒したる手足かな
長谷川春草「春草句帖」

六月の氷菓一盞の別れかな
中村草田男 「長子」

雲のぼる六月宙の深山蟬
飯田龍太 「春の道」

コメントは受け付けていません。