一つ葉

ひとつば
三夏
いはぐみ/唐一葉/石蘭

ウラボシ科ヒトツバ属の多年草常緑シダ類。山間の岩の上や樹のかげに群生する。一般のシダ類のように葉に切れ込みがなく、長い葉柄から細長い葉が一枚ずつ出ているためこの名がある。葉の表面は厚く濃緑色、裏面は胞子がつくと赤褐色となる。

夏来てもただ一つ葉の一葉かな
芭蕉「真蹟懐紙」

一つ葉の囲はいでるそよぎかな
一茶「九番日記」

コメントは受け付けていません。