代掻く

sirokakiしろかく
初夏
代掻き/田掻く/田掻馬/田掻牛/代馬/代牛

代は田のことで、田植えの前に鋤き起こした田に水を入れ、田の底を掻きならし、肥料を土中に混ぜる仕事をいう。昔は牛や馬に代掻を曳かせて行ったが、今は機械で行う。

夜を旅に代掻く小田の行き戻り
芭蕉「笈日記」

代かくやふり返りつつ子もち馬
一茶「八番日記」

コメントは受け付けていません。