藻刈

もかり
三夏
藻刈る/刈藻/藻刈棹/藻刈鎌/藻刈舟/藻刈衣/刈藻屑

舟の進行の妨げになる藻を刈り取ることをいう。普通は舟に乗り棹を使ってからめとる。水中に長柄の鎌を入れて刈りとることもある。刈り取った藻は干して肥料にしたりする。 

山陰の田植見まふや藻刈舟
北枝「射水川」

東鮒の刈藻にうごく門の月
白雄「白雄句集」

刈り残る一筋の藻に水澄みて
西山泊雲「泊雲」

コメントは受け付けていません。