鉄線花

てっせんか/てつせんくわ
初夏
てつせんかづら/鉄線/クレマチス

キンポウゲ科の蔓性植物。中国原産。高さは二、三メートルになりものに巻きついて伸びる。初夏、紫または白の六弁の花を咲かせる。花びらが八枚のものは日本原産でクレマチス。蔓が細くて針金のようであることから鉄線と名づけられた。

てつせんは花火の花のたぐひかな
季吟「山の井」

御所拝観の時鉄線の咲けりしか
正岡子規「寒山落木」

鉄線の花さき入るや窓の穴
芥川龍之介「澄江堂句集」

コメントは受け付けていません。