喜雨

きう
晩夏
雨喜び

夏の土用の頃、日照りが長く続いて旱ばつ状態となっている時にようやく降る恵みの雨のこと。旱が長引くと農作物の害を及ぼしたり、生活用水に不自由を来たすため、まさに喜びの雨となる。

コメントは受け付けていません。