竹婦人

ちくふじん
三夏
竹夫人/抱籠/添寝籠/竹奴
寝苦しい夜に抱きかかえて寝る竹を編んだもの。円筒状で丈は一メートルから一メートル半くらい。風通しがよく涼しい。

忘れては雪女かと抱籠をば
重頼「名取川」

抱籠や一年ぶりの中直り
来山「葉久母里」

抱籠や子守が袖のほしむつき
才麿「向之岡」

抱籠や妾かかへてきのふけふ
其角「華摘」

天にあらば比翼の籠や竹婦人
蕪村「明和八年句稿」

抱籠やひと夜ふしみのささめごと
蕪村「遺草」

抱籠やとぼし消えても物いはず
草「斧の柄」

有明の月照しけり竹婦人
尾崎紅葉「紅葉句帳」

情薄きものの一つや竹婦人
安斎桜子「閭門の草」

コメントは受け付けていません。