黐の花

黐の花/もちのはな
初夏
黒鉄もち/冬青の花
【解説】
モチノキ科の常緑高木。暖かい地方の山地に自生する。雌雄異株で、初夏に一センチほどの淡い黄色の花を咲かせる。
【科学的見解】
黐の木(モチノキ)は、本州から沖縄の常緑樹林内に自生するが、常緑性で葉が密につくことから住宅周辺の生垣としても活用されている。昔、樹皮は、鳥もちとして活用された。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。