虎が雨

虎が雨/とらがあめ
仲夏
虎が涙/虎が涙雨/曾我の雨
陰暦の五月二十八日に降る雨のこと。曾我兄弟の兄、十郎が新田忠常に切り殺されことを、愛人の虎御前が悲しみ、その涙が雨になったという言伝えに由来する。
しんみりと虎が雨夜の咄かな
路通「秋しぐれ」
妹殊に哀がりけり虎が雨
嘯山「葎亭句集」
川留めの伊東どのやな虎が雨
太祗「太祇句選後篇」
恋もなき草刈共や虎が雨
石井露月「露月句集」

コメントは受け付けていません。