薬玉

くすだま
仲夏
長命縷/続命縷/五月玉

端午の節句に邪気払いのため柱に掛けたりした飾り。沈香、丁字などの香料を錦の袋に入れて玉にし、菖蒲や蓬などを飾り、長い五色の糸を垂らした。長命縷、続命縷はその漢名である。

薬玉や灯の花のゆるぐまで
言水「都の枝折」

唐猫に五月の玉やたますだれ
才麿「四国猿」

薬玉や五色の糸の香に匂ふ
嘯山「葎亭句集」

玉の緒のそのしだり尾や長命縷
吉田冬葉「霧笛」

コメントは受け付けていません。