夏虫

なつむし
三夏
夏の虫

夏によく見られる昆虫の総称。俳句などでは、「飛んで火に入る夏の虫」から火取虫(火蛾)を詠むとき使われることが多い。

夏虫も火を守る宇治の網代かな
越人「鵲尾冠」

夏むしや夜学の人の顔をうつ
召波「春泥発句集」

片羽もえて這ひ歩行けり夏の虫
闌更「多湖碑集」

夏虫や寝ねがての灯を悲しうす
佐藤紅緑「花紅柳緑」

コメントは受け付けていません。