烏瓜の花

karasuurinohana
からすうりのはな
晩夏
ウリ科の蔓性多年草。七・八月頃白い花を開く。花弁の先が五裂し、さらに糸状に裂けてレースを拡げたようにみえる。夕刻に開き、朝にしぼむ。かすかにウリのさわやかな香りがする。

人の手はたしなし花のからす瓜
ますほ「発句題叢」

コメントは受け付けていません。