銀龍草

銀龍草/ぎんりょうそう/ぎんりようさう
仲夏
幽霊草/幽霊茸
イチヤクソウ科の菌根植物。山地の木陰に生える。高さ十セン程。六・七月頃茎の頂に白い花をつける。茎も葉も花も銀白色をしている。姿形から銀の龍に見立てる。幽霊草、幽霊茸の名もある。

コメントは受け付けていません。