忍冬の花

忍冬の花/すいかずらのはな/すひかづらのはな
初夏
吸葛/金銀花
スイカズラ科の常緑性蔓植物。花の蜜を吸うと甘いので、「吸葛」の名がついた。葉は冬も枯れないので、「忍冬」と呼ばれる。五・六月頃葉のつけ根に二つずつ並んで細い筒形の花を開く。始め白く後に淡黄色に変わるため、金銀花ともいわれ良い香りがする。
忍冬の花うちからむくまでかな
白雄「白雄句集」
忍冬綴れる門を久に出ず
松本たかし「石魂」

コメントは受け付けていません。