夏菊

なつぎく
晩夏
夏の菊

「菊」といえば秋の代表的な花であり秋の季語であるが、初夏から夏の間にかけて花を咲かせる種類の菊を特に「夏菊」という。三十センチほどの高さで、秋の菊より花は小さく香りもうすいが、すっきりとした印象を残す花である。

夏菊のさらりと咲いて夜明けたり
瑞馬「野梅」

夏菊に露をうつたる家居哉
鬼貫「鬼貫句選」

夏菊に浜松風のたよりかな
支考「梟日記」

夏菊の小しやんとしたる月よ哉
一茶「文化句帖」

コメントは受け付けていません。