甘酒

あまざけ
三夏
一夜酒/醴/醴酒/甘酒売/甘酒屋

白米を焚いて十分に搗きつぶし米麹とまぜて密封し一晩置くか、粥に焚いた白米に米麹を混ぜ密封しする。両者とも温度によって発酵の違いがあるが、一夜でできあがることから一夜酒ともいわれ、古くは祭酒に使われた。江戸時代には暑気を散ずるとして夏に好んで飲まれていたが、現在では主に冬に熱したものが飲まれることが多い。

百姓のしぼる油や一夜酒
其角「華摘」

一夜酒隣の子迄来たりけり
一茶「文化句帖」

御仏に昼供へけりひと夜酒
蕪村「夜半叟句集」

あま酒の地獄もちかし箱根山
蕪村「落日庵句集」

甘酒屋打出の浜におろしけり
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。