草取

くさとり
晩夏
草むしり/除草

田や畑、庭などの雑草を取り除くこと。また、その作業をしている人。夏は雑草も勢いよく成長し、いたるところにはびこる。暑いさなかにしゃがんだり腰を曲げたりして草取をすることは大変りな労働だが、やり終えた後のすがすがしさは格別である。

墓起す一念草をむしるなり
臼田亜浪「定本亜浪句集」

コメントは受け付けていません。