破れ傘

やぶれがさ
仲夏
やぶれすげがさ/きつねのかさ

キク科の多年草。五十センチから九十センチ程の高さがあり山地の木陰に生える。葉は七つから九つに深く裂けた大きな掌状で、夏に筒状の白い花をつける。春先の若葉のころ、名前の由来となった破れた傘のようなおもしろい姿を見ることができる。

コメントは受け付けていません。