雛遊

雛遊/ひなあそび
仲春
ひいな遊/雛合
雛には小さいという意味があり、小さな人形で女子があそぶことをいう。三月三日に限ったことではなかったが、中国から伝わった上巳の風習と結びつくことで、雛祭へ発展していった。単に雛を飾って、女子の幸福を願うこともまた今日の雛遊びである。
乳母去なす今年ばかりや雛遊び
許六「鯰橋」
桃のおく年ふる雛の遊びかな
青蘿「几董句稿」

コメントは受け付けていません。