雛の使

ひなのつかい/ひなのつかひ
仲春
雛の駕篭
江戸時代の風習。駕篭に雛人形、草餅の入った器、白酒詰めた樽などをのせ、それを振舞うために親戚や知人を回ること。女児が成人して嫁入りするさいの稽古のような意味もかねていた。

春風にこかすな雛の駕篭の衆
荻子「猿蓑」

ひなの駕花のかげよりみえそめね
士朗「枇杷園句集」

コメントは受け付けていません。